1〜500円、製造エラーや記念硬貨等プレミア硬貨価値一覧

pak75_toreinookane20140305_tp_v

プレミア硬貨があなたのお財布に眠っているかもしれません・・・

普段何気なく使っている硬貨ですが、
実は発行された年によっては価値が高いものがあるってご存知ですか?

貨幣は財務省が市場に流れている貨幣の流通状況によって発行枚数を決め、そして造幣局が決められた発行枚数を製造します。そのため年度ごとに発行枚数が異なるのです。

発行枚数が少なかった年度の硬貨は他の年の硬貨に比べ、価値が跳ね上がります

また硬貨の印刷がズレていたりプレスミスがあるようなエラーコインの価値も非常に高くこれらはプレミア硬貨と呼ばれ、非常に高額で取引されています。

プレミア硬貨の中には通常の価値の数百倍まで値段があがるものや、中には100万円以上する硬貨も存在します

今回の記事では

発行枚数が少ないレア硬貨やエラーコイン、記念硬貨などのプレミア硬貨の価値を一覧にしてまとめてみました。

見終わった後は自分の財布に無いかチェックしてみて下さいね

スポンサードリンク

1円〜500円の発行枚数が少なく価値が高い硬貨一覧

まずは発行枚数が少なくプレミアがついている1〜500円までの硬貨についてまとめてみました。

基本的には発行枚数が少ない年の貨幣の価格は比較的高くなっています。

また、東日本大震災の影響もあり平成22年から平成25年にかけて一部の貨幣は発行枚数が少なくなったためプレミアがついています。

1円玉

a8b2240d291483b513386057e2c422ef_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位平成23年456,000500円〜
2位平成25年 554,000 400円〜
3位平成24年659,000400円〜
4位平成13年8,024,00020円〜
5位平成22年7,905,00018円〜
6位平成14年9,667,00010円〜
7位平成12年12,026,0006円〜
8位平成11年67,120,000 4円〜
9位昭和64年116,100,0003円〜
10位昭和30年381,700,000 2円〜

平成23年から平成25年は発行枚数が極端に少ない年でした。

そのため、これらの年の1円玉硬貨はほとんど市場に流通していないので、非常に価値が高くなっています。

なんと通常の価値からすると400倍の値段です。

 

5円玉

c37f1101e168b73c7484cbe88c9a8738_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位平成23年 456,000800円〜
2位平成22年510,000800円〜
3位平成25年554,000800円〜
4位平成24年659,000800円〜
5位昭和32年10,000,000500円~
6位平成12年9,030,000100円〜
7位昭和42年26,000,000 24円~
8位平成18年9,594,00020円〜
9位平成20年9,811,00020円〜
10位平成19年9,904,00020円〜
11位昭和35年34,800,000 18円〜
12位昭和34年33,000,000 18円〜

5円玉についても平成22年から平成25年までの4年間は極端に製造枚数が少なかったこともあり、価値が暴騰しています。元の値段からすると80倍近い値段ですね。

また平成12年も発行枚数が少ない年でした。現在はそこまで値段が高くありませんが、将来的にはこちらも値段があがっていくことが予想されます。

 

10円玉

fe7138e73ca81f96c8cb59ea061e4356_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位昭和33年25,000,00060円〜
2位昭和32年50,000,00030円〜
3位昭和34年62,400,00025円〜
4位昭和30年123,100,000 20円〜
5位昭和61年68,960,000 18円~
6位昭和64年74,692,000 17円~

10円玉はどの年も発行枚数が多いのでそこまでプレミアがつくということはありません。

昭和30年代は比較的10円玉の発行枚数が少ないので若干価値が高い傾向にあります。

 

50円玉

b52fd89045dccee619805320d1e3e529_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位昭和62年 775,0008000円〜
2位平成23年456,0003000円〜
3位平成22年510,0003000円〜
4位平成25年554,0003000円〜
5位平成24年659,0003000円〜
6位平成21年5,003,000 100円〜
7位平成12年7,026,000100円〜
8位平成13年8,024,000100円〜
9位平成15年10,406,00075円〜
10位平成14年11,667,00075円〜
11位平成20年8,811,00070円〜
12位平成19年9,904,00070円〜
13位平成18年10,594,00070円〜
14位平成17年10,029,00070円〜
15位平成16年9,903,00070円〜
16位昭和61年9,960,00070円〜
17位昭和60年10,150,00070円〜

50円玉は他の硬貨に比べて発行枚数が少ない硬貨です。そのためプレミアが非常につきやすい硬貨といえます。

なかでも昭和62年は発行枚数が著しく低下したため現在ではかなりの値段で取引されています。50円という価値からすると150倍以上まで価値はあがっています。

またこちらも平成22年から平成25年までは発行枚数が低いためプレミアがついています。

 

100円玉

bb37c446a85ad545395324b5c69f30cb_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位平成13年 8,024,000 130円〜
2位平成14年10,667,000110円〜

100円は玉は発行枚数が他の硬貨に比べ多いため価値がつきにくい硬貨ですね。

 

500円玉

5de48e2f18457970646a6a36e0691d24_s

プレミア度 発行年発行枚数取引価格
1位昭和62年2,775,000
1000円〜
2位昭和64年16,042,000
600円〜

500円玉についても比較的発行枚数は安定して多いのでプレミアがつく発行年というのは少ないです。

スポンサードリンク

エラーコインの硬貨価値一覧

貨幣は造幣局で製造されますが、製造ラインの不具合によって稀に生じるエラーコインというものがあります。

例えば50円の穴の位置がズレていたり、きちんと印刷がプレスされていなかったり・・・

こういった硬貨はエラーコインと呼ばれ通常の価値の数倍から数百倍のプレミアがつきます

価値はエラーの種類により1つ1つ異なり、珍しいものほど高額な値段で取引されます。

中でも穴なしコインは流通量が少ないため価値が高く数十万円から数百万円の値がつくこともあります

また製造年は新しいものほど価値が高くなります。これは技術の進歩により発行年が新しくなるにつれてエラーコインがでにくくなっているからです。

それでは様々なエラーコインの価値についてご紹介していきます。

穴なし硬貨

l356602906-1

5円玉や50円玉の中央の穴がミスにより空いていないエラーコインです。

現行の50円玉の穴なしコインの場合値段は20万円以上状態が良いものだと30万以上の値がつきます。

 

穴ズレ硬貨

600x450-2016110300001

中央にあいている穴がズレているタイプのエラーコインです。

ズレが大きくなり発行年が新しくなるほど値段が高くなる傾向にあります。

例えば上の写真の50円は平成7年の穴ズレのエラーコインですが、こちらは20万円以上の値がします。

 

影打ち硬貨 

p523956567-2

影打ちコインとは刻印されたものにさらに、もう1度別の硬貨が重なって刻印されてしまったために、両面とも同じ刻印となってしまったエラーコインです。

こちらも非常に価値が高く10万円以上、ものによっては20万円以上の値段がつきます。

 

裏写りコイン

sim

裏面の刻印が表面に重なって印刷されていたり、逆に表面の刻印が裏面に重なって印刷されていたりするものです。

上の画像で説明すると裏面の平等院鳳凰堂にうっすらと表面の10円の刻印がうきでています。

状態にもよりますが、数千円から数万円で取引されます

 

角度ズレコイン(刻印ズレ)

i320

エラーコインの中でも一番入手しやすいのがこの角度ズレコインです。

印刷が正常な位置になくどちらかに傾いているものを角度ズレといいます。

ズレの角度が大きいものほど価値が高くなる傾向にあります。

こちらは数千円から数万円で取引されています。

 

印刷ズレコイン 

cached

印刷ズレコインは印刷プレスのミスにより印刷がズレてしまったエラーコインです。

こちらは非常に価値が高く平均して数万円から数十万円で取引されています。

なかには200万円を超える金額で取引された硬貨もあります

 

くぼみ、へこみ硬貨

o0615046111077416870

製造の際にくぼみやへこみができてしまったエラーコイン。

見た目があまり良くないので価値としてはあまり高くありません。

安いものは1000円程度取引され高いものだと数万円の値がつくことがあります

 

ヘゲエラー

erro_5yen

製造の際に剥がれたり、めくれたり、金属片がくっついたりしたコインですヘゲエラーとよばれます。

こちらもあまり見た目が良くないので、価値は低く1000〜5000円程度で取引されることも多いですね。

 

記念硬貨の価値・相場一覧 

日本でのオリンピック開催時や博覧会開催時など大規模な催事にあたり記念硬貨がこれまで発行されてきました。

もちろんこういった記念硬貨も発行枚数が限られているのでプレミアがついています。

これまで発行された記念通貨は100以上ありその全てを紹介するのは難しいので、中でもプレミアがついているものや有名な記念硬貨をご紹介したいと思います。

東京オリンピック記念硬貨

page01

page02

東京オリンピック100円銀貨/1000円銀貨

1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックを記念して発行された記念硬貨です。

桜と富士山を基調としたデザイン。

100円銀貨 : 現在価格は1000円程度

1000円銀貨: 現在価格は5000円程度

 

日本万国博覧会記念硬貨

page03

日本万国博覧会(大阪万博)記念100円白銅貨幣

昭和45年に開催された大阪万博を記念して発行された硬貨。

地球と富士山を基調としたデザイン。

100円白銅貨幣 : 現在価格は1000円程度

 

札幌オリンピック記念硬貨

page04

札幌オリンピック記念100円白銅貨幣

五輪マークと雪を基調としたデザイン。

100円白銅貨幣 : 現在価格は1000円程度

 

青函トンネル開通記念硬貨

page13

青函トンネル開通記念500円白銅貨幣

北海道と本州を基調としたデザイン。

500円白銅貨幣 : 現在価格は1500円程度

 

関西国際空港開校記念硬貨

page24

関西国際空港開校記念500円白銅貨幣

関西国際空港と地図を基調としたデザインで発行年は平成6年

500円白銅貨幣 : 1500円程度

 

長野オリンピック記念硬貨

page28

page29

page30

長野オリンピック記念硬貨(第1次)
500円(白銅)/5000円(銀)/10000円(金)

第1〜3次まで記念硬貨が発行されていていずれも、白銅、銀、金の3種類の硬貨が発行されている。

価値についても第1〜3次まで変わりない。

500円白銅硬貨 : 現在の価格は1500円程度

5000円銀貨  : 現在の価格は7500円程度

10000円金貨 : 現在の価格は8万円程度

 

FIFAワールドカップ記念硬貨

page39

page40

page41

2002FIFAワールドカップ記念硬貨
500円(ニッケル黄銅)/1000円(銀貨)/10000円(金貨)

2002FIFAワールドカップに際し3種類の500円硬貨が発行されていますが、いずれも価値は同じです。

500円ニッケル黄銅貨幣 : 現在の価格は1500円程度

1000円銀貨      : 現在の価格は2500円程度

10000円金貨     : 現在価格は8万円程度

 

日本国際博覧会記念硬貨(愛知万博)

page46

page47

page48

2005年日本国債博覧会記念
500円(ニッケル黄銅)/1000円(銀貨)/10000円(金貨)

愛知万博のシンボルマークである5本のストライプを基調としたデザイン

500円ニッケル黄銅貨幣 : 現在の価格は1000円程度

1000円銀貨      : 現在の価格は2000円程度

10000円金貨     : 現在価格は8万円程度

 

まとめ

ここまでプレミアム貨幣の価値についてみてきましたがいかがだったでしょうか。

実は記念貨幣の価値というのはデザインよりも、素材の価値により大きく資産価値が変わってきます。

金はここ数年でかなり値上がりしたため、それに伴い購入当時の価格よりも価値が上昇していたんですね。

また、エラーコインや希少な発行年の硬貨についても、時折自分の財布などを覗いてみると面白いですよ。

それではここまでありがとうございました。

                
Sponsored Link
                                 
                
                

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ